素敵なご夫妻の介護風景

当院では開業後の5年間で

300人を超える居宅の方々の診療を開始し

その数だけご家族との出会いもいただきました。

気管カニューレのバンドを手作りした Iさん

気管切開後 気管カニューレの管を固定するのに

多くの方々は 専用のバンドや紐を利用します。

首の後ろを一回りして 喉の前面にあるカニューレを

紐で結んだり マジックテープで止めたりします。

Iさんの奥様は ハンカチでバンドを手作りしました。

肌に優しく その日の気分で色や柄を選べる手作りバンドには

奥様の愛情と 介護を楽しむ気持ちがたくさん詰まっていました。

 

認知症のAさんを熱心に介護する80代のご主人

Aさんは食事の際になかなか口を開けなかったり

口に含んでも 飲み込むまでにかなりの時間を要したり

1回の食事に1時間以上かかるようになりました。

ご主人は毎日の食事内容や飲み込みの様子を

ノートに細かく記録しています。

食事の支度やおむつ交換も 全部ご主人がこなしています。

「施設入所を勧められたけど

自分ができる間は 家でみてやりたい」とおっしゃるご主人。

Aさんの体調管理とともに ご主人の介護負担の軽減を図りながら

多職種で連携して ご夫妻の暮らしをお支えします。(院長 神部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします