在宅でのコロナワクチン接種

在宅でも始まりました コロナワクチン接種。

そのスケジュール調整は パズルの組み換えに等しい。

3週間隔で2回接種

当院の定期診察は通常2週ごとに予定を組みます。

各曜日ごとに「 1週目・3週目チーム」と

「2週目・4週目チーム」がいるイメージです。

ワクチンは3週間隔で2回接種が必要であるため

大幅な予定変更を迫られます。

しかも皆様デイサービス等の予定もあるから

曜日の変更が可能な人と 困難な人とがいらっしゃる。

接種後30分はその場で待機

万一具合が悪くなってもすぐ救急対応できるよう

救急処置グッズを持ってその場で待機し

30分後に問題がないことを確認してから次のお宅に向かいます。

高齢者施設で10人まとめて接種しても 30分待機。

高齢者の自宅で1人に接種しても 30分待機です。

ワクチン1瓶が6人分で 開封後6時間以内に使用する

ワクチン入荷数と希望者数とをにらみながら

コンパクトに回って ワクチンの無駄が出ないように調整します。

*富谷市の場合 5月25日接種分までは1瓶5人分で
5月26日以降の接種分は1瓶6人分となります。

通常の診療に加えて
ワクチン接種のスケジュールを組むのは
難解なパズルでしたが

どうにか6月分 140人のお客さんの
調整も完了しました。
(院長 神部)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします