訪問診療とユーモア~相互が笑顔になれるひとときを目指す

柏木哲夫先生は 緩和ケアの場におけるユーモアの重要性を

説いていらっしゃいます。

ユーモアには

楽しい雰囲気を作り出して 緊張や苦痛を緩和し

患者さん・家族・医療者との距離を縮め

相互に癒やしや和みをもたらす効果があるようです。

かつて とっておきの笑顔が生まれた会話集を提示しました。

保存版)往診先での愛しの会話集

また最近では こんなやり取りがありました。

マスクの効能

高度のうつ状態で4年以上外出していない女性宅で。

ようやく笑顔が増え 明るい服も着るようになり

さて そろそろ外出もしたくなってくるかしら?と問いかけると

「あー、でも何か恥ずかしいわ」

大丈夫です。マスクで顔半分隠れますから。

「それもそうね」と大笑いしてくれました。

シビアな病状の方々も少なくないけれど

コミュニケーションを楽しみながら

ユーモアのある訪問診療を目指します。

またユーモアには医療者自身にも多大な効果があり

お看取り等で心理的負担が重なる中でも

燃え尽き予防につながると考えます(院長 神部)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします