To be or not to be, that is the question.

タイトルは シェイクスピア「ハムレット」内の一節。 「生きるべきか 死すべきか、それが問題だ。」の訳が有名ですね。 「選択肢はありますが やるかどうかは別の問題です」 これは私が意思決定にまつわる説明内でよく使うものです …

続きを読むTo be or not to be, that is the question.

生命維持に必要な水分と栄養を 口から摂取できなくなったら

終活シリーズ4回目では 栄養摂取の方法と生活場所につき解説します。 様々な病状で 生命維持に必要な水分と栄養を 口から摂取できなくなる状態が生じます。 ◆他の内臓に問題がない場合は 適切な栄養管理をすれば10年以上にわた …

続きを読む生命維持に必要な水分と栄養を 口から摂取できなくなったら

終活と人生会議(ACP)を考える

終活カウンセラーのW氏よりリクエストをいただき 終末期医療にまつわる現状と 意思決定に役立つ基礎知識や制度につき 5回シリーズで特集してみます。 はじめに 終末期といっても そのバリエーションは多岐にわたります。 ◆95 …

続きを読む終活と人生会議(ACP)を考える

病状進行期~終末期の生活場所に関わる意思決定支援

病院から「家に帰りたい」と退院した方々は ご自宅でほっとした笑顔を見せてくれます。 一方で 施設入所者から「家に帰りたい」と 何度も訴えられると 何とも切なくなります。   また 「このまま自宅で暮らしたい」 …

続きを読む病状進行期~終末期の生活場所に関わる意思決定支援

ご本人の想い・ご家族の想いが異なることもある

ご本人の想いとご家族の想いが ほぼ一致していることもありますが 中には正反対の方向を向いていることもあります。 またご家族内で様々な想いが 混在していることもあります。 Uさん「最期まで家にいたい」・娘さん「最期は入院し …

続きを読むご本人の想い・ご家族の想いが異なることもある